【新刊・2021年10月初旬販売開始】それでもゆるせる私になりたい ~親と子が愛を求めあらがい続けた58年~

突然噴出する激しい怒りに、すべてを破壊するような圧倒的な暴力——それは、少女が物心ついたときから目の当たりにした実の父の姿。
私にとって生きるとは、その恐怖からひたすら逃れることだったが、思春期を迎えたとき、父との義絶を決意する。
やがて、結婚、子育てを経て家族の苦悩を抱えている最中、余命幾ばくもない父との再会の機会が訪れる。28年ぶりのことだった。
果たして、私はあの父をゆるすことができるのだろうか……。愛の根源を問うヒストリー。


この体験を書いて本にしなさい!世の人々に君の真実を伝えなさい!
と村上和雄先生(筑波大学名誉教授)がおっしゃってくださった日以来、
精魂込めて書き綴った渾身の一冊。ついに出版となります!
ただいま、絶賛、予約受付中!